*Special event

" ヨーロッパからアジアへ、若き2人のギャラリストの体当たりアートフェア体験記 "

パリのルーブル美術館の地下モールCarrousel du Louvreで開催されている写真フェア”FOTOFEVER ARTFAIR”、そして台湾のEslite Hotel にて開催されているの現代アートフェア”ART FORMOSA”。
2人のギャラリストが右も左もわからずに体当たりで挑んだアートフェア体験記は聞くも涙、話すも涙。夢と現実と金。
その中でも見えた、少しの光・・・実際の会場風景やオフショットをスライドショーでお見せしながら実体験を赤裸々に、包み隠さずお話しします。
これからフェアに参加していきたい写真家やアーティスト、エージェントやギャラリストまで、聞いてみたかった質問など、実体験をもとにお話しします。なお、今トークイベントはSNSなどで共有はNG、このイベントでしか聞けない話をしたいと思います。
質問なども直接お話しします。是非ご参加ください。

FOTOFEVER ARTFAIR
http://www.fotofever.com/

ART FORMOSA
http://www.art-formosa.com/
日にち:2019年11月2日(土)15:00〜16:30予定
会 場:galleryMain
参加費:2000円 *当日会場にてお支払いください

お申込み、お問合せはメールまたはお電話にて。

 info@gallerymain.com
 nomoto@kobe819.net
 075-344-1893

*プロフィール

野元大意 (KOBE 819 GALLERY 代表)

1980年 滋賀県大津市生まれ。
2004年 大阪芸術大学芸術学部写真学科卒業(在学中、ナダール大阪にてバイト)
2012年 Kobe 819 Gallery 開廊
2016年 神戸元町にKOBE 819 GALLERYに移転

【KOBE 819 GALLERY 企画】
2013年 『SHIGOTOBA』 島田洋平
『Milk ME !!!!!』 櫻井龍太
2014年 『biwakoseries』 山下智史
2015年 『Profiling 死から不死へ』 竹下想
2016年 『Tenacity Blues Diary』 新保勇樹
『Quiet Life』 前田春人
2017年 『“A WEEKEND WITH MR.FRANK”』日比遊一
2018年 『A=A A≠A(mountain)』ヒガシジユウイチロウ
『無限スクロールの終わる夜に』竹下想
2019年 『さようならのはじまり』奥山淳志
その他、多数

【その他】
2013 年 『5 Artist Exhibition』 阪急メンズ大阪(プランニング、コーディネイト)
『ヒルトンプラザ オータムイベント Visual Tower Photo By SHIMADA YOHEI』ヒルトンプラザ(ディレクション)
2014年 『SAMURAI BLUE 戦いの軌跡 1993−2014』朝日新聞報道写真展 東京ミッドタウン(ディレクション)
2015年 『ONWARD Compe‘15』Fhiladelphia(展示設計・設営)
2017年 『FOTOFEVER PARIS 2017』 CARROUSEL DU LOUVRE(フェア出展)
2018年 『KG+ AWARD 東地雄一郎 A=A A≠A(mountain)』元淳風小学校(キューレーション)
2019年 KG+SELECT 福島あつし写真展「弁当 is Ready.」元淳風小学校(キュレーション)KG+SELECT2019 グランプリ

その他、講義やレビュアワーなども多数

中澤有基(写真家、ギャラリーメイン・ディレクター)
http://www.nakazawayuki.jp

1980年生まれ、京都市在住。
2002年ビジュアルアーツ大阪卒。galleryMainを主宰するなどギャラリストとして活動しながら写真作品を発表。
主な展示に『震える森、焦点の距離』(2013/gallery 9 kyoto)、『無関係な関係、適切な距離』(2016/galleryMain)、『無関係な関係、空白の定義』(GalleryParc/京都)など。
アートフェア『FOTOFEVER ARTFAIR PARIS』(Carousel du Louvre)に2014年2015年に出展。
外部での写真企画やディレクションなども行う。
2015年よりKYOTOGRAPHIE京都国際写真祭サテライトイベントKG+プログラムディレクターも務める。