*Second Exhibition

*profile

浜中悠樹/YUKI HAMANAKA

1978年 京都府生まれ
2009年 写真表現大学本科受講
2011年 写真表現大学研究ゼミ受講

■受賞暦
ミオ写真奨励賞2010 入選
第35回写真新世紀 優秀賞(HIROMIX選)
PX3 2014 COMPETITION / Non-Professional Second Prize
※Nature/Trees & Nature/Flowers
PX3 2015 COMPETITION / Professional?HONORABLE MENTION
※Nature/Trees & Nature/Flowers
PX3 2015 COMPETITION People’s Choice / Professional First Prize
※Nature/Flowers

■個展
2012.02:「植物視点」(ポートギャラリーT / 大阪)
2014.10:「樹々万葉(きぎのよろずは)」(galleryMain / 京都)
2015.04:「樹々万葉(きぎのよろずは)」(新風館 / 京都)
※KYOTOGRAPHIE国際写真フェスティバル2015 KG+参加

■主な展示/アートフェア
ミオ写真奨励賞 入選者展(天王寺MIO / 大阪)
写真新世紀 東京展(東京都写真美術館 / 東京)
写真新世紀 大阪展(アートコートギャラリー / 大阪)
写真新世紀 仙台展(せんだいメディアテーク / 宮城)
第六回双葉葵展(上賀茂神社 / 京都)
fotofever artfair 2015(近代ルーブル美術館カルーセル・デュ・ルーブル / Paris)
PHOTO SQUARE 新風館(新風館 / 京都)
他多数


*artist statement

写真展 “樹々万葉 -空に咲く- ”

樹々が表現する幾何学的な形容の中に見られる「力強さ」「可憐さ」「儚さ」、新芽の生吹から枯園へと流れる、廻る命の「美しさ」を自分の感じた視点で「和」の表現を意識して制作した作品を通した、「樹」という静的な生命体の千差万別な命のカタチの提示になります。
撮影は、レンズを筆と見立て、開放値で濃淡の表現を行いつつ、イメージする構図を決めるといった感覚での作業を1 年のサイクルの中で行いました。
印画紙自体から発せられる美術的な美しさも入れたいという考えと、静的な生命の力強さを引き立たせるにあたって、紙面にも表情があり、被写体の全体像を 荒々しくも力強く、引き立たせられる印画紙を探した結果、インクジェットプリントが可能な伊勢和紙に出力しています。