*Exhibition

*Statement

古い記憶を掘り起こして画面に描き留めている。
記憶は、時間をかけて自分の中で少しずつ形を変え、久しぶりに実物を見る機会があると記憶の像が実際に見ていた元々の姿形とは全く違っていたことに気がつく、ということがよくある。
けれど記憶の中で見ていたその像は、視覚的な情報がそのまま保存されたものではなく、仕草や、匂いや、手触りや、湿度など、形にならない情報が加わって、私たちの脳内に立ち上げられたもう一つの本質的な像なのではないかと考えている。
それらの像は私たちが普段、目の前にあるものをどうやって見ているのかという謎に導いてくれるように感じている。