*Exhibition
*artist statement

写真展“ father ”

ある日突然いなくなり、しばらくのあいだ姿が見えなくなる。
そのような「蒸発」を繰り返すことで、私の父は何もない人間になった。
何もない人間になること。それはおそらく父自身が望んだことだ。
何もない人間になれば、自分のことについても、自分のことを考えてくれる他人についても、考える必要がなくなるのだから。
ある作家が次のようなことを書いていた。
「もし他人のことをほんのわずかでも知ることができるとしたら、それはその他人が自分を知られることを拒まない限りにおいてだ。もし寒いときに、『寒い』と言うことも震えることもしない人間がいたとしたら、私たちはその人間を外から観察するしかない。ただし、その観察から何か意味が見出せるかどうかはまた別の問題だが」
私の父は寒いときに震えることはすると思う。だが、「なぜ震えているのか」と尋ねられても、父は「わからない」と答えるだろう。本当にわからないのか、それともただ考えたくないのか、それは他人からはわからない。おそらく、本人もわかっていない。




*profile


金川晋吾  Shingo Kanagawa (http://kanagawashingo.com/)

【略歴】
1981年 京都府生まれ
2006年 神戸大学 発達科学部 人間発達科学科 卒業
2010年 東京藝術大学 大学院美術研究科 先端芸術表現専攻 修士課程 修了
2010年 東京藝術大学 大学院美術研究科 先端芸術表現専攻 博士課程 入学

【受賞・賞与】
2008年-2009年 第37回 江副育英会奨学生
2010年 第12回 三木淳賞

【展覧会】
2006年 グループ展「第26回写真ひとつぼ展」 ガーディアンガーデン 東京
2007年 グループ展「第28回写真ひとつぼ展」 ガーディアンガーデン 東京
2008年 グループ展「ATLAS展」 東京藝術大学取手美術館 茨城
2009年 二人展「father」 東京藝術大学学生会館 東京
2010年 グループ展「ヨコハマフォトフェスティバル」 赤レンガ倉庫 横浜
2010年 グループ展「東京藝術大学先端芸術表現科卒業修了制作2010」 BANKART 横浜
2010年 個展「father」 新宿Nikon Salon 東京
2010年 グループ展「Seoul Photo 2010」 Coex Hall ソウル
2010年 個展「father」 東京藝術大学学生会館展示室 東京
2010年 グループ展「鈴木理策研究室展 私にも隠すものなど何もない」 BANKART 横浜
2010年 グループ展「Transformation in 大石膏室」 東京藝術大学絵画棟大石膏室 東京
2010年 グループ展「ShContemporary:DISCOVERIES」 Shanghai Exhibition Center 上海
2010年 グループ展「キューバへ 50cm四方展」 プロモ・アルテギャラリー 東京
2010年 個展「第12回三木淳賞受賞作品展 "father"」 新宿Nikon Salon 東京
2011年 個展「第12回三木淳賞受賞作品展 "father"」 大阪Nikon Salon 大阪

【写真集】
2009年 「and animals」