*Exhibition



*artist statement

“ 見えてくる故郷 ”

在日3世として日本で生まれ育った私には故郷と呼べる場所がなかった。
日本が故郷だと思った事は一度もないし、韓国に行っても帰郷とは言えない。

故郷に対して憧れる気持ちや分からないという正直な気持ち、想像しかできなくて寂しい気持ち、
何より見てみたいという気持ちが頭の中をぐるぐるしていた。

そんな自分に今から故郷を創ってみようと思った。

遠い記憶の片隅にある風景。
意外とすぐ側にある日常の1ページ。
想像の中から浮かんでくる情景。
創っていくうちに私には故郷と呼べる場所が一つずつ増えていき、
自分の気持ち次第で、たくさんの故郷を手に入れる事ができるのだと思った。
故郷は場所ではなく心の居場所なんだと感じた。
遠くて近い存在であり、自らが振り向けば必ずそこに見えてくる。
帰る場所がないと囚われていた自分との決別、そして新しい故郷への扉、その両方を手に歩いていこう。


“ Hometown come into sight. ”

I was born and grew up in Japan as a third generation South Korean resident I could not feel any place as my hometown.
I’ve never thought of Japan as my hometown. And going to Korea is not going back home for me.

Speaking truthfully, I have mixed feelings: I long for a hometown but never understood what a 'hometown' is. I feel lonely because I could only guess.
Above all, I want to see my own hometown and that thought has been going around and around in my mind.I thought I’m going to create a new 'my hometown' for myself.

A scene in distant memory.
One page in daily life beside me.
An scenery in my imagination

While creating my hometown, I increased the number of places which I could call 'hometown'.
I thought that I would be able to possess so many hometowns.

I felt hometown was the whereabouts of one's spirit, not a place.
They are close yet so far and I could see them when I look back. I’m going to make a break with myself that feared the there is no hometown.And I’m going to open new door to my hometown. Shall I walk with two thoughts in my hand.


*artist profile

陳恵菜(チン・エナ)

1984年 大阪府生まれ 大阪府在住 在日3世コリアン
2004年 宝塚造形芸術大学 映像造形学科 写真コース入学
2007年 ミオ写真奨励賞2007 入選
           ミオ写真奨励賞 入賞者作品展(ミオホール、大阪)
2008年 宝塚造形芸術大学 映像造形学科 写真コース卒業
           グループ展 「世界展」 (京都市美術館)
           個展「Girl's」(ギャラリー 176/大阪)
           個展「Girl's」(CASO/大阪)
2009年 グループ展「West meets the West」(ギャラリーARTISLONG/京都)
2010年 天王寺MIO『シャシン壁プロジェクト』(天王寺MIO 1F)
           TASTING ART EXHIBITION (阪急百貨店メンズ館)
2011年 個展「夢現 Yume-Utsutsu」(GUILD Gyallery_temporary)
2012年 グループ展「Seeing Oneself 日本展」(銀杏菴イチョウアン)
2013年 個展「手のなるほうへ」(Kobe 819 Gyallery)
2014年 個展 「光とさよなら」(Kobe 819 Gyallery)